Santoku Group Recruit 2018

店舗のサポーターとして調整役を究める

澤田 みなみ

本部 商品部 加工食品部チーフ
2012年入社

組み合わせて、メニュー提案。

グロサリーの面白さはコラボレーションがしやすいこと。例えば野菜売場にはドレッシング、鮮魚だったらカルパッチョのタレとか、他の売場に置いてもらえるでしょう?工夫次第でさまざまな組み合わせができるので、提案できる楽しさがあります。また肉や魚はバックルームでカットしますがグロサリーにはそれがありません。つまりずっと売場に立てるのでお客さまと接する時間が長くなる。そこにグロサリーの魅力を感じました。

店舗のサポーターとして。

商品部にはそれぞれの分野のバイヤーとアシスタントがいます。バイヤーは仕入れ担当。私はバイヤーが買ってきたものを取引先と店の間に立って、滞りなく商品を振り分けるのが主な仕事です。一言でいえば店舗と取引先、店舗と本部の調整役。店舗のサポーターだと思っています。私の動きによって店舗業務が円滑に進んだり、連携がよくなるのが一番嬉しいです。

自分発信ができる人に。

仕事は電話中心。毎日100件くらいはかけます。商品が届いていない、急にこの商品が欲しいとか、トラブル対応も多いので初めは緊張の連続でした。一日ずれるとチラシに間に合わなかったりするのでスピード勝負なところがあります。
Santokuは、人に言われたことをそのままやるタイプよりも、自分で考えたことを実際に動いてみるタイプの人が向いているかもしれません。「これがやりたいです」と言うと、本当にやらせてもらえますから。逆にやりたいという気持ちがないと、何もやらせてもらえない会社だと思います。

Santokuの社員紹介