Santoku Group Recruit 2018

毎日食べたい だっておいしいから

宮内 麻希

新宿本店 デリカ部
2015年入社

少量パックやすぐに食べられるお惣菜が人気。

デリカ部では、コロッケなどのお惣菜やお弁当を店内で作り、お客さまに提供しています。新宿本店には高齢の方や単身者が多く来られるので、すぐに食べられるお惣菜が人気です。たくさんの量を召し上がれない方のために、揚げ物は一つずつ買えるように、また少量パックの種類を増やしています。もちろん、他の年齢層のお客さまにも対応できるよう、同じ商品でもサイズバリエーションを揃えています。

ピークに合わせてできたてを。

毎日の仕事は、出社後、チーフが立てた計画表を見てその日に作るメニューや数などを確認することから始まります。そしてコンテナから梱包材や材料を仕分けし、所定の位置に補充していきます。これで準備OK。揚げ物をしたり、できあがった商品を詰めたりお惣菜やお弁当を作っていきます。忙しさのピークは2回、お昼と夕方。午前中はお昼のピークに向けて商品を揃えるのですが時間との戦いでもあります。お昼はお弁当、特に安くてボリューム感があるのり弁が、夕方は夕食向けお惣菜が売れ筋です。ピークとピークの間には、明日の材料の発注を行います。

食べていただければ伝わる、Santokuの味。

お弁当やお惣菜には健康・安全な野菜やブランド肉、自社開発のドレッシングやめんつゆなど、実際に販売している商品を数多く使っています。味が気に入っていただければ、商品も買っていただけるでしょう?Santokuの味を広めるうえでも、デリカ部の役目は重要。唐揚げ、サラダ、黒毛和牛のお弁当など、毎作っていても毎日食べたくなる。それがSantokuのデリカの魅力だと思います。

Santokuの社員紹介